BLOG

ブログ

頑張るお母さんはカッコいい?息子さんにインタビューしました。

お母さんのセカンドキャリアを応援する、なでしこTOKYOです。
私たちは「キャリーウーマン」という女性ならではの新しい配達サービスを通して、社会復帰したい女性が活躍できる舞台を用意しています。
さて、今回は弊社でマネージャーとして働く村松の息子さんにインタビューを行いました。

マネージャー村松

テーマはズバリ、

働くお母さんってどう?

です。
息子さんは高校生で、自身もヤマト運輸でバイト経験があるそうです。
果たして、息子さんの目に村松の姿はどのように映っているのでしょうか?
早速聞いてみましょう!


ー働いているお母さんについてどのように感じますか?

そうですね。 帰ってくる時間が遅い時もあるので、大変そうだな、でも僕たちのために頑張ってくれてるなあと思います。

ー仕事を始めてお母さんに変化はありましたか?

朝忙しくてもご飯を作ってくれるし、家では今までと変わらないようにしてくれてると思う。 仕事も家事も大変だろうけど、すごいなと思ってます。

ー自分自身でもヤマト運輸で配達のバイトをしてみてどうでしたか?

ヤマトの仕事、かなりきつかったです。(笑)
自分でもこの仕事をやってみて、お母さんがこんな仕事をしていたのかと知りました。一時期違う仕事をしていましたが、もう一度ヤマトの仕事を再開することになりました。

ーお母さんの尊敬できるところはどんなところですか?

いつも明るいところはすごいなと思います。
あと、色んなことをやらせてくれるし、教えてくれるので頼りにしています。


お母さんについて本音で質問に答えてくれました。
お母さんと同じ配達の仕事をしてみて、いかに仕事を頑張っているか感じられたようですね!

なでしTOKYOには子育て中のお母さんがたくさんいます!

なでしこTOKYOのスタッフは、子育て中のお母さんがたくさんいます。 1歳の子供から大学生まで子供の年齢の幅も広いです。
子育て中のお母さんが沢山いるからこそ、相談をしやすいし、頑張りやすい環境も整っています。
子育てをしながら、また子育てがひと段落して社会に復帰したいとお考えの方は是非なでしこTOKYOにご相談ください。

皆さんが無理なく働ける、働き方を一緒に考えさせていただきます。