BLOG

ブログ

2018/08/06

軽貨物の求人募集を見るときに気をつけたい4つのポイント

東京都で女性ドライバーによる軽貨物運送を手がけている「なでしこTOKYO」です。
最近、軽貨物の需要の高まりに伴い、軽貨物ドライバーの求人や独立の募集をよく見かけるようになりました。
しかし、数多くある求人の中にはあまりお勧めできない会社のものもあります。
今回は、きちんとした会社の募集を見極めるために気をつけてほしいポイントを4つ解説します。


1.加盟金、車両購入の有無を確認する

トラック お金

加盟金の支払いや車両購入を義務にしているか。
まずはこれが会社を見極める一つのポイントになります。
この業界は初期投資の低さが売りです。にも関わらず加盟金があったり最初から車両の購入を義務としている会社はそのお金を収益源としている可能性があり、あまりお勧めできません。


2.仕事があるのかどうか

ダンボール 荷物

軽貨物が隆盛しているといえど、仕事の単価が安かったりそもそも仕事を持っていない会社もあります。
正直、案件の単価を面接の場で見極めるのは難しいですが、収入について具体的な説明をしてくれるかどうかである程度見極めることはできます。
例えばなでしこTOKYOの場合は面接に来られた方が出来る具体的な仕事とその日当、仕事する際にかかる費用を一緒に計算して説明しています。


「最初はこのくらい稼げるけど、このようなことが出来るようになるとこれぐらい稼げるようになる」と具体的な数字を見せられる会社は安定して仕事を確保していることを意味します。
なんとなく「◯◯くらい稼げるよ」と曖昧な説明をする会社は月によって仕事の量に差があり不安定だと考えられます。
そのため、収入についてきっちりとイメージできないような説明しかしてくれない会社はやめておいた方が良いです。


3.良いことばかり話していないかどうか

メリット デメリット

自分についてのヒアリングをあまりしないままに
「稼げるよ!」「自分のペースで働けるよ!」
と良いことばかりアピールするような会社も危険です。


なでしこTOKYOではまず求職者の方の履歴書にしっかり目を通し、これまでの経歴やなぜ軽貨物の仕事をしてみたいと思ったのかをかなり深掘りします。
正直言って軽貨物の仕事にも向き不向きはあります。
なので、甘いことばかり話して無理に働いてもらっても仕方ないのです。
あとから「こんなはずじゃなかった……」となることがお互いにとって一番不幸です。
そのため、しっかり自分の話を聞いてくれるかどうかを重視してみてください。


4.希望に合わせた働き方ができるかどうか

契約

業務委託契約を結ぶことになった場合は慎重になって契約内容を確認してください。
特に働き方にまつわる条件は、仕事を長く続けるために妥協なしで自分の希望を会社に主張すべき項目になります。
軽貨物の働き方は色々あります。朝だけ、日中メイン、夜間といった具合にライフスタイルに合わせて決定できます。
そのため、自分が希望する働き方をしっかり会社側が聞いてくれるかどうかが最も大事なポイントであるといえるでしょう。