BLOG

ブログ

軽貨物配送業は3K? いえいえ、女性にぴったりの仕事です。

軽貨物配送業ってどんな仕事?

軽貨物配送業とは、その名の通り軽車両で運べる荷物を指定された配送先にお届けする仕事です。車両を使わずに企業のビル内で台車を使用しての配送もあります。
配送業というと、トラックに乗った男性ドライバーが重い荷物を抱えながら走っているイメージがありますが、決してそのようなものばかりではありません。
配送で扱われる荷物は多種多様で、中には生花やウェディング用品、高級スーパーでの購入品、仕出しのお弁当など、きめ細やかで丁寧な扱いを求められるものも多くあります。
なでしこTOKYOでは、これらのニーズにお答えするべく女性ドライバーによる配送をメインに行なっております。
女性ということで配送の丁寧さはもちろんのこと、お届け先での接客にも評価をいただいており、女性ドライバーと言えばなでしこTOKYOというイメージが定着しつつあります。

なぜ軽貨物配送業は女性に向いているの?

それは、日常の中で実際に荷物を受け取る方が、企業においても個人宅においても女性やお年寄りの方が多いからです。
玄関先とはいえ、荷物の受け取りの場面において相手が男性だと多少なりとも緊張するものです。
しかし、それが女性となると安心して受け取れるという声もあります。同じ女性同士ということもあり、配達の際に立ち話をしてしまうようなリラックスした関係が築けているという話も聞きます。
また、企業のお客様からの評判もよく、ビル内の配送においてもコミュニケーション能力に長けた女性が行うことで、作業が円滑に進むことがあるそうです。
このように社会のニーズにも合致し、利用者からの評価も大変高いため、今後女性による配送業は大きな可能性がある分野だと考えています。

軽貨物配送業で働くママにインタビュー

−配送業の前のお仕事は何をされていましたか?

私は契約社員として飲食業で働いていました。
子供が小学校に入ったタイミング始めて10年間働きましたが45歳になった時に、この先もこの仕事を続けていくのは体力的に厳しいと思い違う仕事を考え始めました。

−どのようにして軽貨物配送業を知ったのですか?

たまたまネットスーパーの配達でうちに来てくださる方が女性だったのです。
配送業=男性の仕事というイメージがあったので、女性が実際に活躍している場面を目の当たりにして印象に残りました。
その頃は転職を考えていた時期だったので女性の配送業をインターネットで調べてみたら「なでしこTOKYO」の存在を知り、さっそく話を聞きに行きました。

−自分に合っているお仕事だと思いましたか?

まず、面接をしてくれた方が女性だったので、気軽に何でも聞くことができました。
そして迷っているということであれば、仕事の体験をさせてもらえるということだったのでお願いをしました。
体験の日は、会社にお花を届けるお仕事で助手席に乗せてもらいました。
その時のドライバーの女性は年齢が一緒だったこともあり、車内ではいろいろな話を聞かせていただき会話がすごく盛り上がりました。彼女は終始とても楽しそうにお仕事をされていて、生き生きしている様子だったので、これなら自分もやってみたいと思い、できるイメージも湧いたので、思い切って始めてみることにしました。

−実際にお仕事を始めてみてどうですか?

私が今やっているのは生花を届ける仕事です。
朝の8時にお花の倉庫へ行き、午前中に届けるお花をすべて積み込んでから配送作業に入ります。お昼には倉庫に戻って休憩を取り、それからまた配送作業となります。日によって異なるのですが、大体いつも16時から18時の間には全ての配送が終了します。
運転中はいろいろと考え事ができますし、好きな音楽も自由に聴けるので、お仕事環境には満足しています。
飲食業で働いていた時は、絶え間なくお客様と接することによって疲れてしまうことがあったのですが、この仕事は一人の時間が多く持てるので自分に合っていると思います。

−配送業のお仕事をされていて、大変なことはないですか?

お花の配送はプレゼントの場合が多いので、取扱いには十分に気を使って丁寧に作業をすることを心がけています。お花によっては大きいサイズのものも時々ありますが、その場合には台車を使用するので、女性だから重くて運べないということはないですね。
運転にしても使用する車が軽車両なので技術的にも難しいことはないです。

−ずばり、配送業は女性にお勧めできるお仕事ですか?

自信を持って「お勧めできます!」と言えますね。
男性がやるお仕事だと思っていらっしゃる方も多いと思いますが、実際に私がこの仕事をやるようになって、女性こそがやるべき仕事だと日々感じています。配送するもの自体も、女性が配送することによってその印象も変わってきますし、特にお花などは女性が配送することでいっそうの華やかさが加わるのではないかとも思います。

今、紹介できるお仕事

(横にスクロールできます)

業務内容 配送エリア 稼働日 時間 支払条件 月間売上金額
お花の配送 23区 月~金 8:00~終了次第 時給2,000円 30万~40万
企業配 千代田区・港区 月~土 7:00~19:00 日当18,000円~20,000円 45万~52万
ブライダル用品配送 23区・横浜・千葉 月~金 10:00~18:00 日当18,000円 36万~40万
ネットスーパー 新宿・渋谷・港・千代田 シフト制 9:00~21:00 日当20,000円 44万~52万円
お弁当配送 23区 月~金 9:00~18:00 日当14,000円 28万~32万
高級スーパー 都内数か所 シフト制 11:30~18:00 日当13,000円 28万~33万
宅配 都内・埼玉・神奈川・千葉 シフト制 8:00~21:00 出来高 40万~70万
宅配 都内・埼玉・神奈川 シフト制 8:00~21:00 日当21,000円 44万~54万
お花の配達 23区 月~金 9:00~18:00 時給2,000円 44万~54万
文具配送 東京都内 月~金 7:30~12:00 日当10,000円 20万~22万
企業配送 川崎・神奈川 月~土 7:00~19:00 日当18,000円 45万~47万

なでしこTOKYO社長からのメッセージ

なでしこTOKYO社長の宮内です。
一般的に配送業というと男性の世界というイメージが強いかと思いますが、実際は女性が求められている業界なのです。
例えば、タクシーに乗った時にドライバーの方が女性だと少しホッとすることはないですか?
同じことが配送業でもいえるのです。
私たち女性がお届けに行くと、その安心感からかお客様が喜ばれることが多いのです。
また、働き方という意味においても女性向きではないでしょうか。
配送業は仕事のスケジュールを自分で組み立てやすく、年齢や状況、ライフスタイルに応じて仕事のやり方を変えていけるので、子育てをしている方でも「子供が学校に行っている間だけ」など、個々の生活に合わせて柔軟に働くことができます。
また、この仕事は継続することで収入を上げていくことができるのも大きな魅力だと思います。
働き方、収入という両方の面でもこれほど女性のセカンドキャリアに適した業種はなかなかないと思うので、是非興味のある方にはチャレンジしていただきたいです。

なでしこTOKYOのお仕事紹介

男性の方はこちら

なでしこTOKYOの仕事を動画で見る