BLOG

ブログ

2018/07/10

ノウハウを伝授、あなたの起業のスタートをサポート!

女性の配送会社「なでしこTOKYO」の誕生と成長


こんにちは。「女性だからこそできる新しい配達サービス」を東京で提供しているなでしこTOKYOです。日頃の皆様のご愛顧のおかげで「『女性』主体の経過守る会社」は多くの感謝の声を頂いております。


そこで本日は突然ですが、弊社「『なでしこTOKYO』がいかにして独立を果たしたか」を例にとった上で、手前味噌ではございますが、今独立を考えられている方へのアドバイスをさせて頂きたいと考えます。

その思いは1つ。なでしこTOKYOは業務を通して女性が働きやすい環境作りをもっと様々な角度からサポートしていきたいからでございます。


「女性の社会進出」が求められている昨今、今回の記事が「今まさに独立を考えられている女性」は勿論の事、ひいては今の働き方や生き方に疑問を感じられてる女性にとっても有用なものになれば幸いです。



ゼロからのスタート、まずは「勉強」から


「なでしこTOKYO」は構想以外ゼロからのスタートでした。会社を興す折にもお客様やお仕事、もっと言えば配達に携わるドライバーの方もゼロからの参戦です。


ですので「独立」を目標にしてから、1番初めに行わなければならない事は勉強でした。それは「事業計画書」の作成から、自分が興したい企業のマーケティングまで……弊社は東京商工会議所に自ら赴き、勉強をする所から始まったのです。


同時に弊社は「女性だからこその強みを活かした」ブランディングを構築する事も必要な課題の1つ、これらを土台に今の会社があります。


何事もそうですが、新しい事を始める時、最初の地道な努力の積み重ねは欠かせません。「会社経営」といえどもそこに変わりはないのです。



目的と具体的なヴィジョンを明確に


また、ゼロからのスタートだったので初めは売り上げの見込みもつきません。そこで、創業以来大事にしている事は「無駄」なお金をかけずに会社として成り立たせる事、もっと言えば無駄なお金を切り捨て「自分の身と会社を守る」為に何ができるかを考え、実践し続ける事を弊社は大切にして参りました。


この事はを端的に言えば「目的」の設定と具体的なヴィジョンを明確に思い描けるかどうかに言い換える事もできます。

例えば、弊社を例にあげますと、弊社は「女性だからこそ」という強みを活かし「高単価に見合った質の高い仕事をする」事を目的としております。


その為には、早かろう安かろうの「運ぶ」既存の配達サービス業を模倣するだけでは勝負になりません。とは言っても勿論の事、弊社は「佐川急便」さんで安全指導を行っていたプロの方を会社に招き、座学・実技ともに指導をしっかり行ってもらっております。配送業者にとって「安全管理」をいくら徹底してたとして、し過ぎる事はないからです。


しかし、その上で競合他社と差別化を図るには付加価値をつける必要があります。


それが「女性」。女性だからこその付加価値に需要を見出し、サービスに見合った金額設定にする事で、顧客満足度の高い会社にする事をヴィジョンとして明確に描いておりました。


弊社が何もないゼロの状態から稼働10ヶ月で月商1,000万円を超える事が出来たのは他でもなく、目標をそこに設定して仕事をしていたからです。


設定する目標は「月商」だけではありません。あなたが興した会社がどのように成長を遂げていくのか。会社の気風や雰囲気、もっと言えば「あなた自身がどういう生き方をしたいか」までをも目標にする事でアプローチ方法が変わってくるのです。


そのアプローチ方方法を考え出す為にも「明確なヴィジョン」は必要になってきます。ヴィジョンは明確なら明確なほど良いと考えます。事業内容から飛んで「やりたい事」から「売り上げ」まで具体的に創造するのです。

そうする事で逆算的にアプローチ方法をあぶり出していく事も可能になります。現に弊社は今でも「3年のヴィジョン」を常に作っており、今の所全て達成が叶っております。



弊社を経由して起業するノウハウを学んでは如何でしょう?


いかがでしたでしょうか?今回は起業を考えられている方に僭越ながら助言をさせて頂きました。

しかしながら、頭で分かっていても「起業して仕事がなかったら?」という不安は拭い去れない事と思います。 弊社は冒頭でも申し上げました通り「独立を考えられている方」を応援したく、何ができるのかを常に考えております。


例えば、企業したてで仕事がなのであれば、営業を増やしてでも仕事を紹介、 独立のスタートをサポートするノウハウやサポートが弊社には備わっている自信があります。


とはいえども弊社もまだまだ発展の途中、経営方針をきっちり作る勉強会にも社長自ら参加しております。

働いている上で「人のつながり」がほど大事な事はありません。一緒に女性が働きやすい社会を創っていきませんか?