BLOG

ブログ

軽貨物業での独立を目指す方へ。失敗しないために気を付けること。



こんにちは、都内を中心に軽貨物業を手がけています、なでしこTOKYOです。

皆様、軽貨物業界は今好景気に沸いていることをご存知でしょうか?
これは主に、ネット通販の隆盛によって軽貨物運搬の需要が増えたためです。
そんな急成長を遂げている軽貨物市場で、会社から独立して、自分で事業を起こしたいと考える方は増えています。
なでしこTOKYOからも、夢を持って独立を決断される方はたくさんいます。

しかし一方で、独立しても仕事が上手くいかず撤退する方も少なくありません。

なでしこTOKYOは、弊社で働く方はもちろん、夢を追いかけ独立を目指す方も応援し、サポートしたいと考えております。

そこで今回は、軽貨物で数年前に独立した方にインタビューして、独立の際に気をつけることを聞いてみました。

独立するにあたって、最初の頃に気をつけることは?

軽貨物で独立といっても最初は、運送会社と業務請負契約を結んで、個人事業主としてドライバーを始めるケースがほとんどです。
そこから、徐々に独り立ち(従業員を雇用したり、自分で営業したり)していくのですが、
最初に契約する運送会社選びが本当に大事です。

軽貨物業界にはいろんな会社がある中で、お仕事をもらう同業の運送会社さんにも色々なカラーがあります。
いい会社は、ドライバーをとても大切にしてくれるし、酷いところは契約してそのまま放っておいたり、と様々です。

会社によっては本当に酷いので、選択を間違えれば、せっかく独立してもそこで潰されてしまうかもしれません。

選んではいけない悪い会社って?

主には、
1、離職率が高い会社

離職率が高い会社は、従業員を大切にしない会社です。そういう会社はもれなくドライバーも大切にしません。

2、フランチャイズ加盟登録金が高い

加盟登録金は、高いところでは20〜30万円取るところもありますが、加盟料金がいらない会社も多いです。フランチャイズ に入れば、色々と便利なこともありますが、そもそもフランチャイズになる必要があるのか考えて見てください。

3、報酬が低い

報酬が低いのに走る距離が長くなると経費ばかりかかるので利益が出ない場合があります。
当然ですが、報酬は高いほうがいいです。

いい会社と悪い会社を見分けるには。

インターネットを活用しましょう。
今では色んな会社のレビューをネット上で見ることができます。
特に2chやツイッターではリアルな声を聞けます。
僕も「社名+2ch」やツイッターで調べた時に変な情報が出てこないか調べました。

軽貨物で独立して3期目

一人でやっていた時は、宅配だったので体力的には結構大変でした。
個人事業主から法人に変わることに関してですが、私の場合、もともと一人で走っていたのですが、そこから切り替えて法人を立ち上げて、ドライバーを集めた形でした。

個人事業主の頃は大手企業の宅配をしていたのですが、労働時間が非常に長く、この先ずっと続けていけるのかという不安があり、一念発起し、ドライバーを集めることにしました。

どうやって集めたんですか?

個人事業主として活動していたので仕事の認知はされているものの、他社との差別化をしないと人が集められないので最初は大変でしたね。

僕の場合はそれまでに知り合っていたドライバーの知り合いを集めて立ち上げました。

人と一緒にやっていくことで大変なことは?

知り合いであれば、人柄も知っているし安心できますが、
知らない方だと最初はやはり信用しきれないところがありました。
特に軽貨物は接客の要素があるので、先方に失礼がないか不安もありました。

失敗の要素

ドライバーの求人広告をしようとした時に、いくらお金を払っていくらドライバーが入ってくるかが見えないという問題があります。

そのドライバーがいなくなる場合もあるので、そうすると信用問題にもなりますね。
車もドライバーごとに用意しているので、ドライバーが車ごといなくなったという話も聞いたことがあります。

失敗しないために

会社は、走ってもらえるドライバーがあってこそ、利益が上がり成り立っているので、
こまめに連絡を取るとか、働きに応じて報酬を上げる評価制度を作るなど、ドライバーのケアをすることが一番大事だと思います。
成長している会社さんはどこもドライバーさんを大切にしていると感じますから。

いかがでしょうか。
独立して事業を軌道に乗せることは簡単ではありませんが、自分の裁量で、自分の意思で仕事を行える、というのは夢があるものです。

なでしこTOKYOはそんな夢ある方を応援しています。

独立を考えている人は一度私達の話を聞きに来てみませんか?

代表宮内が自分の経験も踏まえてお話いたします。