BLOG

ブログ

2020/06/15

コロナで仕事激増?元IT社員が宅配の仕事に転身したワケ

新型コロナウイルスの経済への打撃が深刻なものとなっています。最近はコロナ禍で職を失う方も珍しくありません。

 

そんな中、むしろ仕事が増えている業界があります。それが、宅配業です。

 

世の中で外出の自粛が求められると同時に宅配の需要はうなぎのぼり。特に通販で購入した商品を発送する軽貨物運送は今大変仕事が増えています!

 

今回は、前職はIT系でありながらも、コロナ渦で仕事が激増中の弊社へと転職してきたスタッフのお話です。

 

IT系から軽貨物へ。そのワケは?

このスタッフは現在働き始めて1か月。前職はIT系で企画営業をしていたと言います。

 

彼が転職活動を始めた時は丁度新型コロナウイルスが社会に影を落とし始めていた時です。どこの企業も売上が落ち、転職活動でもまずは売り上げがあって安定した収入を得られる会社を探していたそう。

 

そこで目に留まったのが、宅配業

 

通販サービスの需要が増えるのと同時に宅配業も大忙しに。これからも続くコロナ渦の中でも安定した収入を得られるというのは、宅配業の大きな魅力の一つです。

 

なでしこTOKYOを選んだワケは?

このスタッフはなでしこTOKYO以外の会社も受けた上で、弊社への入社を決めてくれました。

 

各社で収入などの条件面を比較し、かつなでしこTOKYOが優良配達会社としてネットでも評判が良かったことから選んでもらったようです。

 

これから働く会社ですから、ネットのレビューで良い配達会社と評判なのはプラスですね。

 

軽貨物業で成功するには?

仕事を始めて一か月、今の収入は前職とあまり変わらないとのことですが、目標は月80万だと語ります。実際に軽貨物ではその人のスキル次第では月80万稼ぐことは可能なので、夢があります。

 

それでは軽貨物で上手くいく人は何が違うか、と聞くと「効率の良さが大切だ」との答えが返ってきました。

 

荷物を配達するにしても、家の前でどれだけ早く配送物を見つけ出して届けられるかや、配送先の回り方など、やはり効率の良い人はそれだけ早く多くの物を配達して、高収入につなげられるようです。

 

また余裕のある時は他のスタッフの荷物をさばいたりして更に仕事をすることもできます。基本は一人で行う仕事ですが、エリアの担当はチームで行うため、助け合いもできる仕事です。人間関係も良好ということで、このスタッフも満足してくれているようです。

 

コロナ渦で世の中の先行きは不透明になっていますが、軽貨物配送は大いに仕事が増えて今後の伸びも期待できます。

 

自分のスキル次第で月80万の高収入も狙える配送業。ぜひ弊社でチャレンジしてみませんか?

なでしこTOKYOのお仕事紹介

男性の方はこちら

なでしこTOKYOの仕事を動画で見る