BLOG

ブログ

2018/07/10

【2021/1更新】軽貨物配送が女性に向いている?収入や仕事内容をご紹介

東京都で女性ドライバーによる軽貨物配送を手がける「なでしこTOKYO」です。

2021年をたくましく生きていくために

新型コロナウイルスの影響は各産業に深刻な影響を及ぼしています。
飲食店や、旅行業界はその影響をダイレクトに受けてしまっていますね。
なでしこTOKYOとしては、2021年は今まで以上に安定した収入を求める女性をサポートしたいと思っています。
飲食業界などで働く方で、仕事を探している方は是非ご連絡ください。
車の免許がなくてもできる仕事もございますし、弊社は基本的に女性で運営している会社ですから優しく丁寧にサポートします。
今回の記事では、なぜ女性が軽貨物(宅配)業界で活躍できるのかをご説明します。

軽貨物配送は肉体労働のイメージが強い?

軽貨物配送と言ってもピンと来ないかもしれません。
配送=男性の仕事、肉体労働、佐川のお兄さん
などのイメージがある方だと、当たり前のように女性ができる仕事ではないとお思いでしょう。
ですが、軽貨物配送は実は”女性がやるべき仕事”だと考えているのです。
代表の宮内も、元々は男性が中心の業界で女性社長として切り盛りしていくのは簡単ではなかったと言います。
ただ配送を任せていただく企業と仕事をするうちに
なでしこTOKYOの女性宅配ドライバーは皆丁寧だし、きっちり仕事をしてくれる。配達先のお客様からの評判もいい
と思っていただき、徐々に女性宅配ドライバーが活躍できる案件が増えていきました。

子育て中、子育て後の女性が活躍できる場所は驚くほど少ない

宮内には働く女性を応援するのには理由があります。
彼女自身も結婚退職して数年専業主婦としての期間を経てから、どこかに再就職したいと思ってもなかなか難しかったという過去があります。育児や結婚で職場から離れてしまって、どこかで再就職したいけどなかなかできないと悩む方を助けたいという思いから、女性の軽貨物配送に特化したなでしこTOKYOを立ち上げたのです。
軽貨物配送の業界はAmazonやメルカリなど通販サイトの普及により業界全体で人手不足です。求人情報を見れば驚くほどたくさんの求人情報があります。
ですが!ここで強くお伝えしておきたいことは、人手が足りないからと言って誰でも言い訳ではありません。
「ただ荷物を届けるだけお仕事でしょ。」
そう考えて、ぞんざいな荷物の取り扱いや、意識の低い仕事の仕方をする宅配ドライバーも少なくないのがこの業界の現状です。
だからこそ、なでしこTOKYOでは、「荷物を運ぶ」作業ではなく「人と関わる接客」サービスとして質の高いサービスを提供していきたい、その結果会社の評価が高まり女性ドライバーの収入もさらに増やせる、そのような好循環を産んでいきます。

宅配の仕事はホントに女性にもできるのか?


まずはこの疑問についてご説明します。
先ほどもお伝えしましたが宅配は男性の仕事だと思われがちですが、そもそも軽貨物=重くない荷物なので女性にも十分に運ぶことができます。
大事なことは運べる力ではなく、お渡しする方(特に女性、お年寄りの方)にも安心していただけるような心のこもったサービスを届けることなのです。実際、弊社の女性ドライバーに話を聞いてみると、いつも荷物をお渡しする方々と顔なじみになっていくことがすごく楽しいと言ってくださいます。
お届けし、コミュニケーションをとることを楽しいと思ってくださる方になでしこTOKYOで是非働いていただきたいと思っています。

宅配業界はクレームが多い

軽貨物配送(特に宅配))業界ではクレーム日常茶飯事です。
ただその内容を聞いてみると弊社の女性ドライバーだったら起きないだろうなというものが多いです。
では、どのようなクレームが運送会社に寄せられるのでしょうか。

配達業界で多いクレームとは?

配達サービスを使ったことがある方は、配達された荷物が曲がっていたり中身が散乱していたりなど配達に不満を持ったことが一度はあるかと思います。このようなクレームは運送会社によく寄せられます。
他にも、荷物を運んで来た人の言葉使いがとても荒かったり、身なりが汚かったりなども挙げられます。
お客様に届ける際の対応が良くないと、荷物自体も雑に扱われているのではないかというマイナスのイメージを持たれてしまうかもしれません。

子育てを終えた女性の再就職の選択肢


出産、育児によって仕事を辞めてしまったけど、もう一度働きたい!という方にはどのような仕事の選択肢があるでしょうか。
スーパーやカフェなど店舗でのお仕事が一番に思いつくかもしれません。
飲食店のホール担当からなでしこTOKYOに来られた吉田さんに話を聞いてみる、飲食店の方がよっぽど体力的にも、そして拘束時間も長かったと言います。軽貨物配送の仕事を始めたことで娘さんとコミュニケーションを取れる時間が増えたそうです。

飲食店からなでしこTOKYOに来た吉田さんの声


▶︎働き方
週5、8時〜17時まで働いています。
前職が飲食店で夜番でした。以前は子供とご飯を食べる時間は取れませんでした。
今は6時過ぎには帰宅できるので子供と一緒にご飯を食べられるようになったのが嬉しいです。
▶︎なでしこTOKYOで働いてみてどうか
日本橋のタワービルで館内配送をしていて、そこに入っている会社さんの荷物や書類などを配送しています。今は体力がついたので前より楽になりました。最初持てなかった荷物も普通に持てるようになりました。
▶︎配達は他の女性にもできると思いますか
体を動かすのが好きな方に向いていると思いますね。引越し屋さんほど重い荷物を持つ訳ではないので女性でもできますし。
私のような50代でもできたので、どなたでもできると思います。
吉田さんのインタビュー記事はこちら

いかがでしょうか。
実は多くの方が持つイメージとは異なり、体力をそこまで必要としないので再び働き始める場としては最適だったりします。
車を運転する時間が長く、考え事ができるのがいいという女性ドライバーもいます。実際子育てをしながら働いている弊社スタッフは、「車を運転している時は自分だけの空間なので好きな音楽をかけながら、今日の夜ご飯の献立を考えている」と話しておりました。

子供が大きくなったことで再び仕事を始めた女性ドライバー

スタッフインタビュー
▶︎働き方
8時〜17時か18時まで。
時々時間指定の配送が残っていると18時すぎてしまうこともありますが、数ヶ月で慣れたことがだいたい17時には終わるようになってきました。
▶︎なでしこTOKYOで働いてみてどうか
今は胡蝶蘭を企業に配送する仕事をしているのですが、依頼先の会社も殆ど女性スタッフでとても優しくしてくださいます。
とても楽しく働かせていただいているので初めて数ヶ月ですうがこのまま仕事を長く続けてみたいなと思っています。
また、運転中に好きな音楽を聴いて歌を歌っているので、ストレスは溜まりません。(笑)

▶︎女性におすすめできる仕事だとおもいますか?
もちろんです。自分で何かをやることはすごく良いことだと思いますし、女性でも体に負担なくできる仕事だと思うので是非チャレンジしていただきたいなと思います。

女性ドライバーの収入はどれくらい?

軽貨物配送の仕事を調べると、求人情報には100万円稼げるとか色々書いてあります。
あまり現実味がないですよね。
なでしこTOKYOでは、働く前にできるだけ仕事のイメージを詳細に持っていただきたいので、明確に収入をお伝えするようにしています。

軽貨物配送の収入は選べる!

率直にいうと、軽貨物配送の仕事は収入が選べる仕事です。
どういうことかというと、入る案件や働く時間によって仕事量が違い収入が変わります。
小さいお子さんを子育て中の方か、子育てを終えてバリバリ働きたい方では働ける時間が違いますよね。
ご自身のライフスタイルに合わせて、働く案件を選ぶことで自分が欲しい収入を自分で決められる。
それがなでしこTOKYOが女性ドライバーにご支持いただいている理由です。

11歳と1歳半のお子さんを育てながら軽貨物ドライバーを行う女性の声


▶︎働き方
今入らせてもらっている現場は10時〜16時ぐらいなので育児と両立しやすいです。
子供が体調悪い時は、融通を聞かせていただいています。
▶︎なでしこTOKYOで働いてみてどうか
仕事は楽しいです。今やっている仕事が結婚式場とかホテルなどにジュエリーをお持ちする仕事なので、運んでいて気持ちがいいです。
スーツを着ながら仕事をしているのも、配送の仕事のイメージと違っていましたね。
▶︎配達は女性にもできますか?
十分できると思います!
主婦の方でも子育てや家事をしながらできると思いますよ。

なでしこTOKYOのお給料イメージ

ではなでしこTOKYOで宅配をした時のお給料のイメージをご紹介いたします。1日だいたい8〜9時間で週に6日働いたとして月29万円くらいのお給料になります。単純計算すると時給が1450円となります。1日7時間で週に5日働いたとすると月15万円くらいになります。
案件によって時給換算も変わって来ますが、だいたいこのくらいのお給料が目安と考えていただけたら幸いです。

なでしこTOKYOの案件の一例をご紹介

事務仕事やオフィスワークよりも、外に出て体を動かして仕事をしたいという方には特になでしこTOKYOで働くことをオススメいたします。「配達の仕事はしてみたいけど車を運転することが不安」、「そもそも自動車の免許を持っていない」という方もご安心ください。車での配達だけでなく、大型のオフィスビル内での配達の仕事もなでしこTOKYOでは請け負っているため、運転できない方でもできる仕事はたくさんあります。
是非一度、相談や見学だけでもいらしてください!私たちと一緒に家庭と仕事を両立させて働きましょう!

(横にスクロールできます)

業務内容 配送エリア 稼働日 時間 支払条件 月間売上金額
お花の配送 23区 月~金 8:00~終了次第 時給2,000円 30万~40万
企業配 千代田区・港区 月~土 7:00~19:00 日当18,000円~20,000円 45万~52万
ブライダル用品配送 23区・横浜・千葉 月~金 10:00~18:00 日当18,000円 36万~40万
ネットスーパー 新宿・渋谷・港・千代田 シフト制 9:00~21:00 日当20,000円 44万~52万円
お弁当配送日当 23区 月~金 9:00~18:00 日当14,000円 28万~32万
高級スーパー 都内数か所 シフト制 11:30~18:00 日当13,000円 28万~33万
宅配 都内・埼玉・神奈川・千葉 シフト制 8:00~21:00 出来高 40万~70万
宅配 都内・埼玉・神奈川 シフト制 8:00~21:00 日当21,000円 44万~54万
お花の配達 23区 月~金 9:00~18:00 時給2,000円 44万~54万
文具配送 東京都内 月~金 7:30~12:00 日当10,000円 20万~22万
企業配送 川崎・神奈川 月~土 7:00~19:00 日当18,000円 45万~47万

 

なでしこTOKYO社長宮内にインタビューしました。

なでしこTOKYO社長宮内がどんな想いで創業し、経営しているのか赤裸々に語ってもらいました。
社内で一緒に働く私から見ても、宮内は本当にスタッフ想いで常にドライバーのことを考えています。
ドライバーというと1人で孤独に働くイメージがあるかもしれませんが、チームで動くことも多くなでしこTOKYOのドライバーは、助け合って仕事をする習慣がついているので、心配は無用です。
もし少しでも軽貨物の仕事に興味がおありでしたら、是非一度お話を聞きに来て欲しいです。
なでしこTOKYOに決める必要は全くありませんが、知っておくべき業界の仕組みをしっかりお話しさせていただきます。

軽貨物業界を女性の力で変えていきたいと思っています。
電話(03-5244-5290)でもメール(https://nadeshiko-tokyo.com/contact/)でも、LINEからお気軽にご連絡ください。
まずは一度軽貨物の仕事についてお話を聞いてみませんか?
どれくらい収入を得られるのか。
今のライフスタイルでできる仕事なのか。
育児と両立できるのか。
体力的に自分でもできるのか。
など仕事に関する様々な疑問をぶつけてください。
条件が合えば、これほど将来性とチャンスが女性に開かれている仕事も珍しいと思います。

なでしこTOKYOのお仕事紹介

男性の方はこちら

なでしこTOKYOの仕事を動画で見る